プリントがおすすめ!メソッド

毎日音読はなかなか難しいですが!ゆっくり利用していきたいと思います。レビューがいいのも納得。初級〜上級まで載っています。

2月2日 オススメ商品!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

メソッド プリント陰山メソッド徹底反復「音読プリント」 [ 陰山英男 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

最初はブツブツ文句を言っていましたが、やってみると意外と面白いようで、いつの間にか覚えた文章を嬉しそうに暗誦したりしています。(古典などを含めて)最近の子どもたちは!どうも日本語の良文を暗記するなどという作業はほとんどやっていないように思います。好きなものを毎日ご機嫌で音読しています。中学の教科書に出てくるようなものまで収められていますが!小さいうちにリズムとして暗記してしまえば!古典文学なども難しいと感じずに楽しめるのではないかと思います。■■■その代わり(と言って良いのか分かりませんが)!かわいいイラストも何もなく!一色刷の無味乾燥な本になっています。初級15編!中級17編!上級21編が約91ページに渡って!その冒頭部分が長いもので見開き1ページ分掲載されています。高学年でも十分に活用できそうです。同氏の著作の漢字プリントの読みなども同様にしてお風呂で読ませたりしているのですが!すらすら読めるようになるのにかかる時間は!本当に短いです。一緒になって幼稚園児も読んでいます。有名な言葉ばかりなのでたくさんの文を声に出して欲しいです。ふりがなもついているし!1ページ辺りの量も初級では少なく!達成感を味わい!繰り返し挑戦できる絶妙の長さです。有名な詩歌や和歌、俳句、論語、小説などを浅く広く手広く、といった感じです。びっくりしたのは、年少の次女が姉の音読を聞いていただけで、文章を覚えてしまったこと!その様子を見てパパも興味深々です。有名な詩や古典小説の書き出し部分などが載っていて、小学生の子供たちが馴染みやすく音読できると思います。聞きなれない昔の言葉に戸惑いながらも、いつのまにかリズムよく読めるようになり、1年生の娘も参戦して、兄妹でどちらが沢山暗記できるか楽しんでいます。レベルごとに分かれていて!文字も読みやすくよかったです。小学校一年生の娘に購入。絵本と図鑑しか知らなかった息子の本の世界が一気に広がったようです。対象が小学生ですが!中学校になってからも使える文章がたくさん掲載されています。少し前に話題になっていた音読ですが、こちらの教材にはリズムのある、すらすら読めると気持の良い物が初級、中級、上級別におさめられています。。知り合いに紹介され小学低・中学年の子供用に購入しました。夏休みの宿題で「毎日音読」というのがあったのですが!教科書にも飽きて!絵本も長いものや短いものがあって嫌なようで!何か無いかと探してこちらを見つけました。買ってよかった☆このシリーズの第二弾?がでているのでまたそちらも購入したいです音読がいいとは聞きつつも!何を読ませたらいいのか…と困っている方にオススメ。にほんごであそぼ!でお馴染みの文章も多く!分量もちょうど良いようで!楽しんで読んでくれています。楽しいですよ。枕草子や春望などもあり!暗唱していた学生時代を懐かしく思いながら私も楽しんでいます。幅広い世代に興味深い名著が、レパートリー豊富に構成されています。しかし、困った事が…某子供向け日本語TV番組の中でこの本にも出ている詩などに曲をつけて歌っているのですが、幼児の頃より、すでにそれで覚えてしまっていたため音読にならず、歌ってしまう文がちらほら…それはそれでいいのかな?学校の教科書ばかり音読していても飽きてしまったようなので、ちょうどよいプリントでした。子供は難しくなると嫌がるので、今はまだ初級編を繰り返し読ませています。古文や漢文も含まれるので小さい頃から触れているとまた国語に対する身近さがかわるかな?と思い!購入。実は!私も子どもたちと一緒に大きな声で読んでいます。小学1年生の息子用に購入しました。絵本が苦手で本といったら図鑑を眺める程度の娘ですが、このプリントは毎日の学習の最後に読んでいます。個人的には初級編・中級編・上級編と分けて欲しいと思いました。■■■音読は間違いなく理解力を深めるという効果がありますから!無条件におすすめできます。イラストなどなくてシンプルなのですが!音読に慣れていない子には字だけでものたりないかも。中級・上級になると親の私ですらつまらずに読むのは難しいものばかり。(地域柄かな・・・)我が家では!本文をコピーしてパウチにしてお風呂で音読させるようにしています。小学生用の音読用の文章です。掲載作品も!早口言葉!俳句!詩!小説からの抜粋(漱石など)!漢詩(口語訳付き)!古典(源氏物語等)!様々な方面の文学が詰まっています。数日続けるとスラスラと読めるようになるし!簡単なものは覚えてしまうようです。他社のドリルの国語のシリーズを全て終わらせてしまった3年生の息子のために!自宅学習におもしろい教材はないかと見つけたのがこちら。どれもたのしい文章です。分厚い本はそれだけで敬遠しがちなわが子ですが!これならすんなり読む気になるようです。最初は親が読んで耳から聞くのがいいかも。音読してもだらだらと長い話しが続くのではなく、テンポよく進むので子供はあまり飽きないようです。「にほんごであそぼ」でおなじみの名文も多いので子供たちも「知ってる!」と喜んで読んでいました。少しずつレベルUPしてゆこうと思います。文が長いものがあったりするので 苦手な子はハードルが高いかもしれません。私はいわゆる「お受験」や「天才脳育児」に熱心な母親ではありませんので、その視点からの評価はできませんが、息子の表情を見るにとても楽しく文学の世界に誘われていると思うので星5です。音読ブームにより、あちこちから音読系の書籍が販売されいますが、こちらは小学生全学年を対象にしており、群を抜いてその収録数が多いです。小学生の子供が数枚ずつ少しずつ声を出して読んでいます。タイトル通り、飽くまでも「音読プリント」ですね。小学校に上がった長男の本読みの宿題に憧れた次男が「僕もしたい!」と言うので!似たようなものを!と思い購入。こちらの商品は使う子供の為にたくさんの工夫がされてて買って良かったです。子どもが音読するのに買ってみました。子供の成長が見えるので!とても楽しくなります。■■■初級15編!中級17編!上級21編!それに加えて北原白秋の五十音と外郎売りの台詞が収録されています。初級中級上級!自分で選んで好きなものから読んでます。