読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロルド・シャープが相場の価格より安い値段~!

激安
今は天国で幸せに暮らしていることがわかって良かったです。必ず天界で会える」というのも!すごい!ホントだろうな〜 っていう感じ。飼い主があちらに行くのを待つ動物たちが暮らすところ、っていうのもあるらしいです。

いまオススメの商品♪

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

ハロルド・シャープペットたちは死後も生きている [ ハロルド・シャープ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

印税を捨てられた動物の命を救うためと殺処分廃止運動の為に使われるという一文にも感動。死後の世界の奥の奥までもっと知りたいという方や、シルバーバーチの話を知っている方には、シルビア・バーバネルさん著書の「ペットが死ぬとき(旧題:ペットは死後も生きている)」の方がオススメかと思います。彼女は愛犬を病気で亡くしてしまい…この本で読んで少しでも悲しみから立ち直って欲しいです…動物たちにも死後の世界がある。愛する犬・猫は!いつか死ぬんだとわかってはいても!その日が来ないで欲しいという気持ちでいっぱいです。。。読んで見て解りました。みなさんの大切なペットちゃんたちも!きっとかけがえのない家族であり!子供であったと思います。 感情移入がしにくいかな。ただ!文体が教科書みたい。この世で不幸だった子も、つらい別れを経験した子も・・すべての動物たちが痛みも苦しみも残虐なことも野蛮なこともない、理想とする世界で必ず幸であってほしいという思い。2012年1月13日に8年一緒にいた猫が腎不全で永眠しました。今も昔買っていた愛猫がいつもそばに居て、今いる愛猫を遊んでくれています。老犬になった愛犬を失いたくないという気持ちでいっぱいいっぱいです。スピリチュアリズム初心者の方で!ペットロスに悩まれている方向きです^^人や動物の魂は死後も永遠である事!死後の霊界での生活の事!愛されたペットは飼い主が死ぬまで待っていてくれている事などが書かれています。闘病中に自分では別れの日の覚悟を決めていたつもりでいたのですが今だに忘れられません。ペット関係の本ではこれまでほとんど書かれてこなかった!「魂」になったペットたちと飼い主たちとの!不思議で感動的な物語がいっぱい。。今日届いたので、さっそく数ページ読んだら涙が出てきた。ペットロスで悲しまれてる方に!おすすめです。いつまでもその人の家族の一員です。愛するペットを失った人たちに贈る!世界でただ一冊のほんとうの癒しの書――イギリスで約半世紀にわたって愛読されてきた!ペットたちの死後の生が語られたもっとも有名なエピソード集です。ペットロスの方が不安に思われる要素は一切省かれてしまっているなぁ・・・と思う事もありました。元気で幸せに天国にいる事も。人間の霊と動物の霊とでは成長の速度が違う事!類魂への吸収により動物の個性は消失する事!生まれ変わりについてなどについては一切触れられていません。絆は切れることなくいつも一緒であることに安心して日々を送れるような気がしました。この内容を読んで前向きな気持ちになれました。能力があれば見えるのに…と残念ですが、それでも、いつも側にいるのかも…という気持ちになれました。一緒に生活を共にしてきたペットだからこそ、旅立ったあとの世界でも幸せであって欲しいと、あらためて切に願いたくなる本でした。先日まだ8歳の犬を病気で亡くしました・・・自分を責め辛い日々を思っていましたが犬が闘病中新聞広告で見ていて気になっていました。事実は分かりませんがこうであると信じたいです。生きてそばにいなくてもいつも私と一緒にいる事!そしてまた必ず私のところに戻ってきてくれる事を。愛するペットたちを亡くされた方々の悲しみが、本書を通じて少しでも癒されますよう願っています」動物たちにも「死後の世界」がある―イギリスで約半世紀にわたって愛読されてきた、愛するペットを失った人たちに贈る癒しの名著。江原さんのスピリッチュアルの本をかなり読んだあとなので!「飼い主の死後会いに来てくれる。この本がある事を知り何か気持ちの整理をつける事が出来ればと思い購入しました。「私たち人間を含めて!すべての生き物の命は不滅です。しかし、それ以降の事は一切書かれていません。それらの思いを少しでも受け止めてくれる本です。愛犬の死を受け入れられないかもしれないと私自身の弱さを最近知りました。でも死はお別れではないということがこの本でわかり!気持ちが救われます。私には霊感がなぃので見えるコうトはまずなぃのですが気持ち的に天国で幸せに暮らしてると思えました私には読みやすいサイズの本。8年間飼っていたシマリスのチップが亡くなって悲しみに暮れているときに、この本を見つけて購入しました。なかなか信じてもらえないでしょうが!!!!飼い主のそばに必ず居るようです。ただしこちらの本は「人間の肉食=家畜動物に対しての虐待」という少々心苦しくなる部分まで書かれておりますので、ペットロスで悩まれている方は心が落ち着いてから読まれた方がいいと思います。外では読めなさそうです。いろいろなお話が書かれていますが!その中に「喜ぶものと共に喜び!泣くものと共に泣け」という一説があり!胸に響きました。心に穴が開いた気持ちですがりつきたく本を買いました。そして私がこれまで見送った子も、いずれ肉体という毛むくじゃらな抜け殻を残してあの世界に旅立つこの子たちにも・・私もそのときが来たら必ず再会できるという希望のため。動物にまつわる残酷で悲しすぎる事件や事柄の多い現実の中で救いを求めたくて読んでいます。昨年の2月に9年半いつも隣にいたゴールデンレトリーバーを病気で亡くしました。昨年12月に愛犬が旅立ち、何とかして自分の気持ちを律しようと何冊か購入した本のうちの1冊です。ペットロスになりそうだったので!購入しました。