ジョブズが送料無料でなくてもお買い得な価格です ウォルター・アイザックソンスティーブを予約なしで即日発送ならココ 2017年度

彼の事は断片的にしか知らなかったのですが!生い立ちからアップルコンピュータ立ち上げ!自分が作った会社からの追放時の話を知ることができました。アップル製品のユーザではありませんが、世界を変える仕事をした人物なので、やはりどんな方だったのか気になりますよね。私は!ここまで詳しくは知らない内容だったので!とても興味深く読ませて頂きました。

こちらになります♪

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

スティーブ ジョブズ ウォルター・アイザックソンスティーブ・ジョブズ(1) [ ウォルター・アイザックソン ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

前編では!生い立ちと細かなこだわりを持つ性格形成の一端を理解する事が出来ます。ただ話の途中で2へ続くのでとても気になります…。予約しておき、昨日10月26日に到着しました。ここまで!悪い面を書くことを容認するスティーブ・ジョブズはそれだけでも偉いと思います。iPodiPhoneiPadなど、いろんなものを世の中に送り出してきた人ですが、私の中ではそれよりも「iTunes」という、それまでの音楽業界を否定してしまうプラットフォームをつくりだしたことに驚嘆してしまいます。知られざるジョブズを知るには適当な本だと考えます。パソコンやネットを語ろうとするならば、これは読んでおかねばならない書物です。 音楽プレーヤー、カラフルな革新的デザインの一体型コンピューター。スティーブ・ジョブズの30代までの波瀾万丈が、可能な限り客観的な取材姿勢を貫こうという筆者の意図のもと描かれる。。・この本はジョブズさん自身が書いた本ではないので、”他人からみたジョブズ”という書き方が多いです。結構厚みがあります。話題なので購入しました。 この本を読んで、そのイメージを覆されることが、楽しくてしょうがありませんでした。下巻が届く前に上巻を読み終えてしまうかも…。未だ、半分ほどしか読んでいませんが。アップル設立から追放まで。スティーブ・ジョブズの若い頃について、客観的に、良い面も悪い面も書かれています。私もあっという間に読み終えました。世界を変えた人物の自伝です。彼に携わった方々の名前、家族や友人、仕事仲間に恋人等も沢山登場します。 少なくとも!私自身のイメージは!スマートなすらっとしたデザイナーでした。その後の復活劇は(2)をご覧下さい。(ただ!電気にあまり詳しくない方は専門用語が理解できなくて 少々戸惑うかもしれません)勿論!下巻も予約しています。本日!発売日より1日遅れてとどきました!1は子供時代〜Apple設立し〜Appleから追われ〜NEXT!ピクサー時代について詳しく書かれてます。・ジョブズさんはコンピューター企業の人なので!当たり前ですがコンピューター用語が多く出てきます。^^;出来れば間を空けずに一気に読まれることをお薦めします。身近にいたらとても付き合いづらいと思われる程のある意味、変人ではないでしょうか?だからこそ、あれほどの創造性を発揮できたのかもしれません。中身も充実しており読み応えありそうです、電子書籍も出ているようですがやっぱり紙のほうが良いですね。読んで絶対に損は無いでしょう。 現在は、「スティーブジョブズのように、なりたい」とは、全く思わなくなりましたが。最悪です。地名も登場人物も社名も固有名詞という名詞は殆どがカナですしジョブズさんと関わった人たちを順にそれぞれ数頁に渡って書かれている為!今ジョブズさんの何歳頃の事なのか(既に読んだ)記憶を手繰り寄せ(遡り)ながら読み進めました。 有名なのは、プレゼンテーションのかっこよさ、ジーパンに、ハイネック。日本は、上司の顔色次第、会社の奴隷のサラリーマン技術者しか(ちょっと言いすぎ、ごめんなさい)いません。ジョブズさんて出生から私の様な?凡人とは違ってますね!波乱に富んでいるとでも言いますか。この本を読んで!日本の会社ももう少しワイルドな採用をして欲しいです。この3つが大きいです。スティーブ・ジョブズのように自己主張が強い技術者は「普通でない」と言われて排除されてしまいます。なぜマックが売れたのか?なぜマイクロソフトが巻き返したのか?電脳界の歴史の真実が!ジョブズ列伝を通じて!鮮やかに見通せる。すごいですね。学生時代も大変アクティブな生活(@_@;)を送っているし感情の起伏も激しい様に感じます。スティーブジョブスを知らない人にでもお勧めできる一冊です。最後に!今のMacOSも昔のNeXT OSで作られているそうですよ。私も!ジョブス氏の作ってきたものを代々使ってきました。またちょっとでもパソコンに携わる方なら!聞いた事ある人物名や部品の名前なども出てきてこうやって成り立ってきたんだなと感じるかとも思います。技術者というより企画者。まず!僕はMacユーザーなので!ジョブズさんのいろいろを知りたいと思い購入しました。2も予約しているので到着が大変楽しみです。インターネット前夜のパソコン界は、マックがキャスティングボードを握っていたのだ。95以来のWinユーザーの私には!その攻防の激しさが!改めて実感された。ある意味、若い頃は病的とも言えなくもないですが、非常に繊細な精神の持ち主で有った事が伺えます。私は好きですね。私も!その精神を大事にし生きていきたいと思います。まだ読み始めなのですが、最初から興味津々な内容で一度読みだすとなかなかやめられません。そのなかで!いくつか気になったことを書きたいと思います。そういう意味だったら!刺激になることもあると思います。ジョブス氏のわがままの部分が、新しい商品を次々と生み出していったということがわかります。時間を忘れるほど夢中になれると思います。彼の人間的な面や仕事に対する姿勢などがとてもよく分かるので!個人的にはスラスラ読めてとても興味深い一冊です。大学時代に初めて使ったPCがマッキントッシュ、そしてNeXTコンピュータも使ってきました。彼のポリシーは、どうすれば生活が便利になるか?という考えよりどうすれば、使いたくなるか?というのが一番のポリシーです。個性的であるが故に、類似商品が多数ある中でAPPLEの商品が特徴を持てたということもよく分かりましたし、お家騒動の背景や経緯も実に克明に描かれており、ジョブズが知り合いのような気になってきます。業界の巨人という程度の興味しかなかったのですが、この本を読んで如何に個性的な人物像がとてもよく分かりました。決して本人を美化したものではない分、事実が語られているんだろうなと思われました。日本では育ちにくいタイプで、アメリカの懐の深さを感じます。 少しだけ!お風呂に入らない生活と!あんまり周囲の目!評価を気にしない性格にあこがれを持つようになりました。素晴らしい発想で仕事するのは素敵ですが、バカの方が目立ちますね。内容は彼の生い立ちや両親の事などからコンピューターに関する事まで様々で、素人にはちょっと理解し難い部分もあるかと思います。プライベートでも!MacやiPodを愛用し!彼無くして今の生活を語れません。内容とは関係ありませんが!帯が折れていました。バイブルと言っても言い過ぎではないでしょう。仕事をしている人ならなお興味が惹かれるかもしれません。ジョブズ氏が好きで注文した本で、その時はまだ存命中でしたので、伝記として購入した訳ではありませんが、直に訃報を聞きほんとうに伝記となってしまいました。・この本の作者はアメリカ人なので!表現が日本の表現と少々違うことがあります。内容を見て2を注文しようと思いましたが!慌てて2も注文しました。(決して友達になりたい人物ではありませんが(^_^;))また、同じ時代を生きた人間として、コンピュータの発展自体に感慨もありましたし、米国の起業とはどいうものかの例としても楽しめました。偏食だったり人に対してとる行動だったり・・・でも、そうだからまたいいのかもしれません。パソコン黎明期の攻防が、ジョブズを軸に見事に描かれている。カリスマとして有名ですが!この本を読んで!どうやったらスティーブジョブズのようになれるか!と考えて!ヒントをもらおうと思ったら大間違いです。とても楽しみです。「楽天ブックス」さんで一押しされていた頃より数ヵ月後に購入。ここで言うバカ=変わった人と言う意味で(^^;)。結構な数ですので覚えられず、前のページに戻って用語を確認せざるを得ません。